人生と感謝 実践の手びき

努力とリラックス~結論的イメージの有効性

2019年2月10日

見せかけの努力と本当の努力

せっかくの努力を結果に結びつけるために、「努力逆転の法則」が如実に働くことは知っておくべきです。

「好きこそものの上手なれ」と言う通り、好きだからこそ、技術は上達し、実績は上がります。

嫌々やることは、暇つぶしにはなっても、高度な生産性にはなりません。

 

結果を出そうとしゃにむに力を振りしぼってみても、あまり芳しくはないものです。

本当の努力とは、力を傾ける対象にどれだけ愛情を注ぐかということです。

結論的イメージ(感謝したくなる情景)

ならば、どういう手段が考えられるのか。

努力にともなう結果のイメージを改善してゆくことです。

やればやるほどイメージアップする工夫ができます。

おそらく努力を努力と感じないレベルにまで、つまり「好きなこと」に昇華できるのです。

 

年少から将来なりたい職業を意識して身につけている方は、その得意な分野を天職に高めていらっしゃいます。

しかしふつうは、成人近くになるまで道は決めかねるものです。

現代の教育環境では、成人してからでも見つけられない方も多いです。

 

私たちの場合は、「結論的イメージ」という形を提唱しています。

つまり、「感謝したくなる情景」です。

 

結論的イメージを描く習慣が身につくと、短期的な希望にしても、また中長期的なイメージも描くことができるようになります。

結論的イメージの構成基準は、当然この「努力逆転の法則」の影響を考慮しています。

 

つまり、そのイメージを描くこと自体に義務や努力を必要とはしません。

そのイメージを描くことで感謝の感情を喚起させるのです。

ですから、潜在意識に定着しやすく、自己実現の力が飛躍的に向上するのです。

イメージを描くコツはリラックスすること

この視点を含めて、「結論的イメージ」の創造をしてみてください。

努力していることが報われないという矛盾の背景には、「こんな働きがある」と気づきましょう。

そのたびにリラックスして新しいイメージを描き出すことができます。

またこれから何かに挑戦するときも、努力逆転の落とし穴にはまらぬように注意してください。

努力とリラックスは、ある意味では表裏の関係にあるのですから。

 

感謝呼吸実践会のメルマガとメール講座
※自分の呼吸に向きあうことで、意識と体の関係がよりハッキリします。
登録はこちらから

-人生と感謝, 実践の手びき

Copyright© 感謝呼吸実践会 , 2019 All Rights Reserved.