マスター講座 人生と感謝

感謝は選択できるエネルギー~道徳から科学へ

2020年1月1日

 

2020年、あけましておめでとうございます。

感謝呼吸実践会のソウダです。

 

昨年、感謝呼吸マスター講座を開始することができ、

2020年代を生きてゆくうえで、とても重要な心構えや意識について

お伝えすることができるようになりました。

 

感謝呼吸の特徴である「基礎呼吸」の発見を多くの方がなされました。

 

自分の呼吸で生きることが、実は個性を生きることでもあります。

自分の呼吸で生きることが、迷い無く生きることでもあります。

自分の呼吸でききることが、バランスを回復する方法でもあります。

自分の呼吸で生きることが、本当の自分に帰る道でもあります。

自分の呼吸で生きることが、身体・精神・魂を統合する生き方でもあります。

 

最終的に、人生は感謝にたどり着きます。

 

なぜなら、私たち人類は愛の結晶であり、

感謝は愛の結実(現実化)した姿に他なりません。

 

2020年以前は、相対性の色濃い世界でしたが、

今後は極化が進んで、異なる波動が同域に存在することが難しくなります。

 

つまり、自分の在り方を定める時期がやってきました。

 

自分の望む意識や在り方が明確であるほど、

その通りの生き方にシフトしていきます。

 

しかし、自分の望む意識がわからない、

どういう生き方がいいのかわからない、

どうすれば幸せでいられるのかわからない、

・・・

 

といった「わからない尽くし」も、実はひとつの在り方です。

 

わからない現実を選択していると、宇宙は判断していますので、

あなたの現実は、わからないことだらけになっていきます。

 

今までは、それでも何かのきっかけで抜け出すことができた気分になれました。

でも本当の意味で選択していないので、同じことを繰り返してきました。

 

わからないという意識は、苦しみを増幅させます。

今度は苦しさを選択してしまうことになるでしょう。

 

苦しいからそこを逃避したくなります。

逃げれば追いかけてきます。

追いつかれると苦しみをまた経験することになる悪循環です。

 

この対極にあるのは、幸福の選択です。

 

幸せであることが当たり前の状態になると、

不幸を体験することができなくなります。

 

幸せ過ぎて怖い・・という人は、

幸福を選択している人ではないんです。

怖い、を選択しているんです、実は・・

 

でも、どんな状態に置かれても、

幸福であることを選択する意志を持っている人は、

彼らにしてみれば、極論ですが殺されても幸福なんです。

 

マスターたちは、自分の在り方を選択し、選択し続けている人々です。

 

 

私たち人類の記念碑となる2020年代は、

今まさに幕を開けました。

 

在り方そのものが、本当に問われることになります。

 

そして、感謝が基盤にない幸福は、砂上の楼閣のようにとても脆いのです。

 

感謝についての見解でとても分かりやすいものをご紹介しましょう。

以下は、「神との対話(完結編)」の中の一文を引用させていただきます。

・・・

感謝を表明しなさい。

これはあなたがたに与えられるなかでいちばん力強いツールだ。感謝はただの自動的な対応ではなく、選ばれたエネルギーになる可能性がある。人生で出会うすべてに(わたしが言うのは文字通りすべてだよ)積極的に感謝することを選ぶと、そのときに生じているエネルギーに打ち寄せて影響を与えるタイプのエネルギーが生まれる。それがその事態に魔術的な変化を起こす可能性がある(とりわけ驚くべき、あるいは魔法のようなやり方で変容させる、という意味だ)ー もちろん人生そのものも。

・・・

「神との対話(完結編)」ニール・D・ウォルシュ著 から引用

感謝は対応ではなくて、選ばれたエネルギーであること。

つまり道徳性から科学的に、捉え方も変わってゆきます。

これから科学的に感謝のエネルギーが捉えられる時代になっていきます。

愛が数値として表現されることにもなるでしょう。

 

 

感謝呼吸実践会のメルマガとメール講座
※自分の呼吸に向きあうことで、意識と体の関係がよりハッキリします。
登録はこちらから

-マスター講座, 人生と感謝

Copyright© 感謝呼吸.com , 2020 All Rights Reserved.