changing-the-wave2

波動(意識)を変えるシリーズ② 波動を見極める

この記事を読む前に
前回の記事では、様々な比較によって波動の姿を知ること、そして自分の波動状態を変えることができることについてお伝えしました。あなたの悩みは意識の産物であって、あなたの真実の姿ではありません。なぜなら、あなたが悩むくらいですから、望んでいないことは明らかです。では、どうすればそれを変えられるのか?・・➜波動(意識)を変えるシリーズ①波動を知る

まずは観察者になること

前回は、思考が生まれるプロセスを話してみましたが、感覚的にでも分かってもらえたらさいわいです。

いずれ、自分の思考が生まれる瞬間も観察できるようになると思います。

あなたの感情や思考があなたの波動状態を形成しています。

しかし、感情や思考というのは意識の産物、つまりもうすでに現れたものなので、取り消すことはできません。

思考された時点で、時すでに遅し、なわけですね。

その思考や感情を変えて、自分の波動状態を変えたいと思うなら、意識を変えること以外に手段はありません。

ではどうすればいいのか?

どうすれば、あなたは意識を変えられると思いますか?

 

答えは簡単です。

 

まず、あなたの思考の観察者になればいいのです。

この時点、つまり観察者になった時点で、意識の転換が起こっているのです。

観察するあなたの第一の仕事は、今までの習慣的な考え方をキャッチすることになるでしょう。

いろんなパターンで、いろんな思考を繰り広げています。

結果として行き着くところが同じ、ということも分かるようになると思います。

存在の二元性

やがて、思考する自分と観察する自分という存在の二元性に気がつくようになるはずです。

思考する自分は、観察する自分とは違います。

エックハルト・トールさんはかつて、自殺をしたくなるくらい自分が嫌になったそうです。

そのとき、

「こんな自分とは、もうつきあってゆけない」と思い、「こんな自分」を観察するもう一人の自分の存在に気がつきます。

それが大きな覚醒のキッカケになり、後に大勢の人々の人生を導くことになります。

思考はあまりにも自分自身に身近です、というより自分そのものです。

この文章を読みながらも、今まさにあなたは思考しています。

ただ、どんな思惑であるかは人それぞれで、次にどういう思考を生み出すかは、あなたの意識次第と言えます。

あなたの思考が自分を幸せにしているのか、苦しめているのか、あるいはそれさえ分からないのか。

まずは、自分を観察するという態度を持っていなければ、思考の秘密にはたどりつけないのです。

思考観察の本当の目的

思考は現実化する、とよく言われますが、ふつうに考えれば、思考が現実化しているとは捉えにくいでしょう。

しかし、視点を変えてみたら、たいていのことは現実化していることがわかります。

たとえば、「願い」をどういう思考と捉えるのか。

願ったことがスンナリとかなうことはまずありませんね。

挫折しても、どうしても叶えたい気持ちが強ければ、さらに努力を重ねます。

経験を積み上げてゆく過程で自信が根づきます。

自信が不動のものとなって、現実化を確信します。

先に感謝してしまうほどの確信に至ると、それを体験することになります。

現実化プロセスの中で、願うという行為は、実は逆に抵抗を強くしてしまうでしょう。

願う心は、その根底に実現が難しいと感じているため現れます。

その本心、本当の思考、思考を支えている思考のほうが現実に現れてきます。

まさに、これこそが観察対象であって、あなたの本当の思考は、常にそのまま現実化しています

これは、思考現実化の過程を観察者の立場で追ってみたわけですが、ふだんの思考を観察することにも充分に当てはめられます。

なぜなら実は、本当の自分でないことに悩んでしまっているからです。

本当の自分を生きている人が、自分を変えたいなどとは微塵も思わないし、必要すら感じていません。

思考を観察することの目的は、本当の自分に戻る道筋を自分で見つけること・・・自分で見つけないと、本当の自分に帰ることはできません。

もしあなたが、自分で自分自身を見つけたとき、その自分のままで生きたいと思うはずです。

エックハルト・トールさんは、偽りの自分と別れ、本当の自分を生き始めました。

「深い喜びの状態」で数年間、ホームレス状態で過ごされたらしいです。

それまでの自分とは、まったく違う意識(波動)状態のなかで、生きる心配すらしないで生きていられたわけです。

もちろん、あなたがホームレスになる必要はありません。

ただ、本当の自分に出会うと、人生が激変する可能性は高いと言えるでしょう。

環境が変わるというより、意識的な激変ですね。

その瞬間を境に、違うパラレルへと移動することになるのです。

意識が変わることは、違う周波数の現実を受信することになるからです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう