呼吸が変わる、意識が変わる、人生が変わる!

努力逆転の法則~努力が報われない、には訳がある

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

クーエの「努力逆転の法則」を取り上げてみます。

この問題は多くの人がつまずいている現実があり、外すせない内容です。

努力が報われない、一生懸命にやっているのに実績がともなわない。

そんな現実に光明を差すことになるでしょう。

同じことをしているのに、結果に大きな開きがある現実をどう解釈すればいいのか。

たとえば、Aさん、Bさんという営業マンがいたとします。

同じ件数の見込客にアプローチしたのに、商談が成立したのはAさんのほうがはるかに多いという結果になりました。

Bさんはこれではいけないと思い、意気込んでさらに多くの客に会うことにしました。

しかしさらにAさんは少ない件数で実績を上げ、Bさんは実がともなわない。

Bさんは必死でやっているのに、Aさんに追いつくことすらできません。

こんなことが現実に企業活動の中では頻繁に見受けられます。

これに直面して狼狽する人も後を絶ちません。

自信喪失し去ってゆく人も多くいるのではないでしようか。

人間関係にしてもそうです。

すぐ良好な人間関係を作れる人もいれば、人見知りして尻込みする人もいます。

この人とは友達になりたいと思われるけれど、あの人とはあまり付き合いたくはないな、と敬遠されたりする。

本人はあまり意識してないかもしれませんが、実は無意識に成果を望まない、という裏腹な意識が働いています。

望まぬというよりは、失敗するネガティブなイメージが強すぎます。

昨日の例で言えば、本当は地面に置いてある板の上を歩いていながら、10メートルか20メートルの高さの上を歩いていると錯覚しているのです。

逆に、綱渡りの名人が、落下する恐怖にとりつかれたら命取りとなります。

トレーニングの本当の必要性は、このギャップを埋めるために費やされるべきなのです。

同等の基礎力を持っているなら、どれだけ地に着いた歩みができるか。

それが勝負を分けます。

優秀な指導者は、基礎の指導と同じくらい意識の高低差を縮める観察をしています。

並行させて指導しているものです。

たとえば野球選手が練習をしているときにも、どれだけ実戦を想定してトレーニングするかが成否を分けます。

臨場感、一球の重み、勝利の嬉しさ、敗北の悔しさ、観客の声、自分への声援などをイメージさせてみる。

そうすると、練習に向かう姿勢も自ずと変わってきます。

どんな職業訓練にしても同様です。

つまり、努力することとは、在り方を変えることにほかなりません。

これだけやってるから報われるに違いない、という感覚は自己満足にはなります。

しかし実績につながるかどうかは保証されません。

実績を出す人は、結果が出る前から結果を手にした感覚を持っています。

この在り方の違いに早く気づくことで、努力逆転の苦しさを駆逐できるのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 感謝呼吸実践会 , 2019 All Rights Reserved.