あけましておめでとうございます。

年の瀬から、新年にかけて、
時の移り変わりがなんともいえない愛おしさをもちます。

「ゆく年くる年」などを見てると、シンシンと降り積もる雪景色や、
初詣に訪れる社寺の風景など、とても美しく感じます。

また、一年を振り返ることと、一年の展望をもつこと、
その両方について思い巡らす時期でもあります。

ただ、

そんなことを毎年のようにやってきて、
どういう変化がありましたか?

よく考えれば、いつなんどきでも、前後には1年を配することができるし、
毎日が大晦日、元日(のような気分)、であってもいいようなものです。

 

年末や年始を特別のものとする風習は、
もしかしたらやがて消えてゆくような気がしています。

それは、人々がしだいに『今』という瞬間を認識し始め、
時間という幻から離れてゆくことを意味します。

過去も未来も、実は想像の産物でしかなく、
あるのは今というこの永遠の瞬間でしかない。

でもこの概念、時計生活にひたりきり、今というこの時より、
昨日や明日のほうが気になっているうちは、まるで理解できません。

今を生き始めると、過去の幻影が気になったり、
想像の未来にあれこれ気をもんだりすることがなくなります。

つまりほとんどの苦悩は、今というこの瞬間を離れて起こる現象です。

いま、この文章をあるファミレスで書いてますが、
おもしろい現実に遭遇しています。

ある客は、この場にいない人のことを口を極めてこきおろしています。

いっぽう、少し離れたところにいる幼児は、何もかもが楽しいのでしょう、
お母さんと一緒に全力でじゃれあってます。

このように、怒りや嫉妬に歪んだ顔の人と、
今を生きる素晴らしいお手本が、好対象に目の前にあります。

 

もしあなたが、苦しい思考にとらわれ出したと感じたら、
喜び、楽しさ、美しさやありがたさといった
感動的感情にそっとシフトしてください。

そのためには、一度大きく深呼吸して、
ふっと自分に軽く笑いかけてみるのです。

「こいつ(自分のこと)、ま~た変なこと考えだしたな(笑)」

と、軽~くいなしてやります。

それこそが、今を生きる秘訣です。

やがて、そっちの(観察している)自分こそが、
本当の自分であることに気がつくようになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう