呼吸が変わる、意識が変わる、人生が変わる!

想像の秘密~意識は自在にどこへでも行く

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

私たちが思い描く想像は、本当の意味では体験をあらわしています。

それは、今のあなたが認識できる過去の体験か、まだ肉体では遭遇していない未来の体験か、そのいずれかです。

現実には、私たちは時間があるという幻想体験の中にあり、過去や未来を区別しています。

このイメージは過去にあったこと、この想像はまだ起きていないこと、というふうに無意識に区別しています。

 

しかし、真実の自己は、時間を区別できず、想像というツールであちこちに行き来しています。

そして、どんな想像も意識にとっては現実です。

自分の脳で物理世界に引き戻されるまでは、意識にとってはそれが現実でしかありません。

肉体という重石があるため、その自由性になかなか気づけません。

しかし、意識は肉体の影響を受けず、どんなところにでも行き来しています。

脳に支配された私たちの思考では、意識の自由性に全く気づかないでいます。

 

ふつう、意識は「あるかないか」で判断されますね。

意識があるから生きている、という生存の確認のためにしか使われてないかもしれません。

そこから少し進んで、さまざまな思考活動をしているから意識が働いてる、と確認する。

さらに進んで、想像の眼が自分の意識だとわかるようになる。

そこに過去や未来という判断を加えず、意識の赴くままに任せる。

すると自分の意識は、かなり自由に動いていることがわかります。

本当の自分はこれほど自由自在なんだ、ってことが実感できるようになります。

その想像に物理的な比重が重なってくると、現実味を感じるようになります。

 

これを難なくやってのけているのが、小さな子供たちです。

彼らは、理性の外側にいる存在です。

思考してあれこれ考えず、なりたいまま、在りたいままに存在します。

いま私たちは、子供のころのような自由を取り戻す時代に生きているのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 感謝呼吸実践会 , 2018 All Rights Reserved.