意識のアップデート

自分の世界を一変させる~必要なのは●●●だけです

ここ数日、想像の段階性について記事にしてきました。

自分が想像していることは、明確な意図をもった想像なのか。

あるいは、惰性で描かれる想像なのか。

 

たいていは無意識に描かれる想像から、行動に移している場合が多いでしょう。

それが自分にとってよいものならストレスは感じません。

しかし、嫌々行動するしかない場合は、強くストレスを感じます。

 

たとえば、会社に行くのが苦痛でしかたない、と感じるとします。

職場での自分を想像してみたら、忍耐することが多い。

これを受け入れているために、想像がネガティブに進んでいきます。

 

なので、自分の想像やイメージを意図して変える。

それが能動的にイメージを描いている段階です。

 

受動的なイメージをネガティブからポジティブに変えること。

これはストレスを低減させるうえで、重要な態度になるわけです。

そのためには、能動的にイメージを変える必要があります。

 

以前、潜在意識に方向性を持たせるためには、繰り返しが必要と申し上げました。

繰り返される思考や言葉、行動には一定のリズムがあります。

またリズムがあることで進行方向が明確になります。

 

この進行方向が意識を理解する上では、非常に大切な問題となります。

自分でこうありたいと願っているにもかかわらず、実際には違う方向に進行しているケースが本当に多いのです。

 

たとえば、「私はお金持ちになる」とか「病気が治る」などの言葉を、自己暗示で潜在意識に刻みつけようと努力しているとします。

どんどん良くなっていると信じ込もうとしているわけです。

しかし現実は、まるっきり改善されず、ついには自己暗示の努力も忘れて、現実の対応に苦戦するだけになった。

 

こういうケースをよく聞かされましたし、かなりの人が同じ轍を踏むと予想できます。

それは、方向性の理解ができていないからなのです。

たとえるなら、東京駅から名古屋に行こうとする人が、目の前の新幹線に乗り込んで、到着したら仙台だった、ということです。

 

笑い話のようですが、本当に繰り返されています。

潜在意識というのは、この例で言えば新幹線です。

あなたを勝手に、その地まで連れて行きます。

 

では、どうすればその方向性を確認すればいいのか。

それがストレスのない想像、特にありがたさが感じられるようなイメージ、情景です。

 

「いま」のあなたが、感謝を感じるとしたら、何が実現しているでしょうか?

身近にある感謝の種、幸福の種があるはずです。

 

・同僚と楽しく会話できる

・家族が笑顔でいてくれる

・健康を実感できる

・おいしくご飯が食べられる

・あたたかい部屋で生活できる

・人々の笑顔を見ることが楽しい

などなど、ポジティブなイメージは、とてもシンプルです。

 

そういうささいな事で、心から、真剣に感謝してみてください。

変に気取らないで、素直に感謝したり、喜んでみるのです。

実はこれができれば、その瞬間からあなたの世界は一変しています。

 

あなたの周りは、徐々にあなたの変化した意識に同調しはじめます。

あなたの世界の主人公はあなたなのです。

 

感謝呼吸実践会のメルマガとメール講座
※自分の呼吸に向きあうことで、意識と体の関係がよりハッキリします。
登録はこちらから

-意識のアップデート

Copyright© 感謝呼吸実践会 , 2019 All Rights Reserved.