呼吸が変わる、意識が変わる、人生が変わる!

気づきと記憶~デジャブの起こるわけ

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
感謝呼吸実践会:造田修作(そうだ・しゅうさく) こんにちは、感謝呼吸実践会の造田修作です。 感謝呼吸の実践はもう30年の月日が流れました。 この間、さまざまな人々と出会い、つぶさに呼吸を観察してきました。 人生の秘密は呼吸にある、との直観から、幸福な人生を送るためにどんな呼吸が役に立つのか、どんな呼吸が効果的なのか、それらを真剣に研究してきた者です。 老若男女・健康状態・環境・性格を問わず、その人に合った呼吸は確実に存在します。 それを自分の力で見つけ出すことに、呼吸の意義があるのです。 あなたの呼吸を見つけ出すお手伝いが私たちには可能です。 あなたがあなたの呼吸を見つけ出すことで、あなたの大事な人の呼吸を知ることもできます。 彼らにも自分の呼吸を見つけ出させるヒントになれるでしょう。 呼吸が見つかれば、幸福のありかが見出せます。 あなたも感謝呼吸の実践者として、人生のありがたさ・楽しさ・美しさを体感してみましょう。

理解する、理解できるということは、もともと知っていたことを思い出した、ということです。

あるいは、気づき、気がつくといったことも、思い出したことに対する感動です。

 

記憶とは過去にしか置いていないと考えがちなのですが、未来の記憶を引き出している可能性が高いのです。

未来の記憶などというと、起きてもないことをどう記憶するのか、という話になります。

 

ですが、私たちの体験は、肉体的な体験にとどまらず、意識の世界でもさまざまな体験をしていることはわかりますよね?

たとえば、眠れば「夢」を見ます。

夢の世界でも意識活動があることはボンヤリとでも感じられると思います。

するとそれが記憶に残ります。

 

さらに、脳が処理できないレベルの意識活動もあります。

と言うより、脳をすり抜けて、そのまま感情に響く。

現実には過去も未来もない、今という永遠の瞬間しか存在せず、過去とか未来とか名付けられた『今』の記憶を思い出しているのです。

 

デジャブ(既視感)を体験したことがあると思います。

それもすでに自分が持っている記憶に符合した瞬間の体感です。

自分は既にそれを知っている、体感したことがある。

不思議なことにそれを知っているわけです。

 

つまり、過去や未来という括りがなくなれば、簡単に説明がつく現象です。

私たち人間の感覚は、とても興味深い働き方をします、本当に。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
感謝呼吸実践会:造田修作(そうだ・しゅうさく) こんにちは、感謝呼吸実践会の造田修作です。 感謝呼吸の実践はもう30年の月日が流れました。 この間、さまざまな人々と出会い、つぶさに呼吸を観察してきました。 人生の秘密は呼吸にある、との直観から、幸福な人生を送るためにどんな呼吸が役に立つのか、どんな呼吸が効果的なのか、それらを真剣に研究してきた者です。 老若男女・健康状態・環境・性格を問わず、その人に合った呼吸は確実に存在します。 それを自分の力で見つけ出すことに、呼吸の意義があるのです。 あなたの呼吸を見つけ出すお手伝いが私たちには可能です。 あなたがあなたの呼吸を見つけ出すことで、あなたの大事な人の呼吸を知ることもできます。 彼らにも自分の呼吸を見つけ出させるヒントになれるでしょう。 呼吸が見つかれば、幸福のありかが見出せます。 あなたも感謝呼吸の実践者として、人生のありがたさ・楽しさ・美しさを体感してみましょう。

Copyright© 感謝呼吸実践会 , 2019 All Rights Reserved.