実践の手びき 意識のアップデート

あなたの想像は、パターン化されていることに気づいてますか?

2019年2月2日

昨日の記事で想像の方向性、ベクトルを提示しました。

あなたの想像がプラスかマイナスか(ポジティブかネガティブか)。

そして、受動的なのか、能動的なのかということです。

想像やイメージは受動性と能動性の性質を持っているのです。

 

「連想」という言葉がありますが、これはなんらかの事象を受けて、自然と意識のうちに出てくるイメージです。

いわば受動的性質を持った想像です。

 

これに対し能動的想像は、意識して想像を繰り広げるものです。

イメージトレーニングなどをして、想定した状況に合わそうとする訓練などに相当します。

 

あなたは、このベクトルをどう組み合わせるのが理想だと思いますか?

あるいはどのパターンで想像が繰り広げられていますか?

以下に4つのパターンがあります。

1ネガティブイメージ+受動的イメージ

2ネガティブイメージ+能動的イメージ

3ポジティブイメージ+能動的イメージ

4ポジティブイメージ+受動的イメージ

意見は分かれると思いますが、あなたの心境に応じた答えでもあります。

ほとんどの人がいずれかのパターンに属した想像をしています。

いわゆるインスピレーションが湧くのは、2の段階以降です。

3の段階では、自分のポジティブ化に自信がつき始めています。

嫌な想像、気分に敏感になっていますので、すぐにイメージや態度を変更します。

4の段階に入ると、自分の精神性を存分に発揮しています。

自分の望む在り方を明確に意識した状態で、外側の情報に翻弄されなくなっています。

想像力の段階性を知っていると、自分の今の状態をかなり把握できます。

また、人生に対して強く希望を持てるようになるのです。

 

感謝呼吸実践会のメルマガとメール講座
※自分の呼吸に向きあうことで、意識と体の関係がよりハッキリします。
登録はこちらから

-実践の手びき, 意識のアップデート

Copyright© 感謝呼吸実践会 , 2019 All Rights Reserved.