私たちの日常的な思いの中に、羨望や嫉妬がよく生まれます。

ある意味では、この2つは双子でもあり、羨望(うらやましさ)がなければ、嫉妬(ねたみ)の類は感じられないし、嫉妬がなければ、羨ましいとも思わないでしょう。

他人の芝生は青く見えるものですが、自分の芝生を丹精込めて手入れしていれば、他人の芝生に興味などなくなります。つまり、自分の内側を常に意識するということですね。

やがて現れてくる新たな時代に入るためには、この意識については絶対に克服されなければなりません。

われわれの実践的な課題としての「感謝する意識」が、この羨望や嫉妬といった意識や感情を遠ざける働きをしてくれます。

また、自分の想像のポジションをよくチェックすることで、理性的に追い出すことも可能となるでしょう。

原点は常に基礎呼吸であり、呼吸の最適化がなされた生活をおくることで、意識がより豊かさを感じて、マイナス水準の欲求から離れてゆけるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう