人生と感謝 実践の手びき 感謝呼吸

感謝の雰囲気~雰囲気づくりのコツ

ありがたいなあ、の口癖は驚くべき性質を持っています。

この言葉をつねづね発していると、人の見方が変わってきます。

まず世間の多くの人は、感謝の力を知っているようで知りません。

ですから、そのような人を見つけると感動をもって注目するものです。

さらにそういう人を選り分けて、善いことを持ち運んでゆくようになります。

やってみれば、おそらくすぐに実感できるはずです。

逆に、「ありがたいなあ」と言っている人を見つけたとしたらどうでしょうか?

その人を感心して見つめるのではありませんか?

なぜか、その人のために何かしてやりたくなる気持ちになったりします。

もし何かあったとしたら、すぐにその人のために動きやすくなっています。

客観的にはそうなのです。

しかし、くれぐれも利益誘導が目的にならないように注意してください。

ありがたさの実感がただ言葉になっているだけ、それだけでよいのです。

感謝の心、感謝の言葉が多い人には「与えやすい」環境が出来上がります。

しかしそれだけでは片手落ちです。

つまり、いただいたならお返しすることです。

それは、心からの感謝の言葉でもよいですし、心ばかりの贈り物でもよいでしょう。

それができないなら、心から感謝を念じることでもかまいません。

それがないと循環性は完成しないのです。

ありがたい、という言葉はそういう意味で、運(循環)に恵まれることです。

ツキを呼びます。

ある男性は、どうしても親に対して素直になれず、感謝の言葉を言いたいのに言えずにいました。

そういう場合、切り口を変えてみるのです。

直にありがとうと言うのが恥ずかしいなら、普段の会話の中で、「よく考えてみれば、ありがたい話だね」というような会話から入ってゆけばよいのです。

こういう会話が多くなると、あの人は感謝の心のある人だ、ということをわきまえてくれるようになります。

感謝の雰囲気があるほど、言葉としても出しやすくなります。

ちなみにこの男性は、そういった感謝の雰囲気作りからはじめました。

すると、親のほうもその雰囲気に引き込まれ、彼を見直すようになっていたのです。

ふつうの会話の中でも、ありがとうが出る機会は増えていくものです。

感謝呼吸実践会のメルマガとメール講座
※自分の呼吸に向きあうことで、意識と体の関係がよりハッキリします。
登録はこちらから

-人生と感謝, 実践の手びき, 感謝呼吸

Copyright© 感謝呼吸実践会 , 2019 All Rights Reserved.