5次元世界の様相と題して、これから何回かお伝えしてゆこうと思います。

私たちが住まう3次元世界は、相対世界とも言われます。

つまり、自分に対して、他を認識できる世界です。

たとえば、自分という存在があり、その周りに何かがあって、それを自分とは違うものと識別し、感じている世界です。

これがいったん5次元世界にいたると、自分という存在についての意識、つまり自意識が埋没します。

周囲と自分が融け合うような感覚、と言えるでしょう。

自分も他人も無くなる、他人でありながら、まさに相手も自分であるという感覚です。

この状態を3次元世界で感じるのは、とても難しいことかもしれません。

あまりにも自他の区別が明確であるため、頑丈な殻ができあがっています。

すると、自分以外の他を理解する意識は希薄になり、競争や戦いが日常の目的になってしまいます。

まして、成長過程で競争に巻き込まれる義務教育環境が、なお5次元世界を遠くへ追いやってしまいます。

社会に出れば、男性の場合はたいてい、出世が目的化します。

女性も、優れた男性を追い求める傾向にあります。

では、どうすれば5次元世界の感覚を養うことができるのか?

そもそも、5次元感覚を得る必要があるのか。

誤解無きように言えば、必要性などさらさらありませんし、それぞれが好む生き方で全然かまいません。

ただ私たちの場合は、感謝呼吸という実践環境の中に生きています。

この呼吸の到達点は、まさに5次元環境そのものであり、それを生きながらにして実体験することになるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう