体が感謝した状態になるには?

感謝することについて、形はあるようでないものです。

人それぞれに感謝の対象は変わってきます。

置かれている、あるいは意図している立場によって、感謝の感情が出てくるパターンや頻度にも違いがあります。

たとえば、現実的に苦しい環境にあると、なかなか感謝する「余裕」までたどりつきません。

あるいは、感謝を意図していても、なにか白々しく感じてしまい、続かないというケースがよくあります。

そこで手っ取り早く、「感謝を感じる」方法をお伝えしましょう。

それはリラックスする、ということなんです。

ほんとうに感謝を感じた時の状態、つまり「ありがたいなあ」って心底感じる状態は、全身のリラックス感があり、肉体的にバランスがとれた状態でもあります。

感謝を人生の軸にして生きてゆきたいという方が、とても多くなってきました。

感謝がもたらす効果は、私たちの予想をくつがえすほどのパワーが有ります。

その効果ゆえに、感謝することをどこかで義務化してしまいがちなんです。

しかも「しなければならない」となってくると、感謝の意識からしだいに遠のきます。

ですので、感謝の状態を体で現した状態、つまりリラックスした状態に移すことで、実質的に感謝している状態へになれるのです。

リラックス状態で満ち足りた気分を

瞑想などの取り組みで大切なコツがあります。

それは、思いを消そうとしないことなのですが、たいていは自分の思考の中の住人のままなので、思いに翻弄されてしまいます。

自分の思考を客観視するには、まず思考は思考のままにしておくことです。

湧き出る思考に対して、あれこれ干渉しないことです。

そして、リラックスして満ち足りた気分になることです。

いずれは、もっと詳しくお話できると思いますが、これについては本日はここまでです。

いまとても寒気が日本中を覆っていますが、体が硬くなりがちな環境です。

また、こんなときに意図してリラックスすることは、心身の健康にとって欠かせない行動ですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう