sunaonikansyasitemitara

感謝の気持ち を相手に伝える

ふだんから感謝を意識している人でなければ、なかなか素直に「ありがとう」って言葉は出てきませんよね。

もちろん、好意を形にしてくれる人には、すんなりとありがとうございますって言えるんですが(これできないとヤバいッスよ^^)、陰ひなたになってくれてるような人、たとえば家族や身近な友人知人とか、特にあらたまる必要のない人ってのが、本当は最大の感謝の気持ちを伝えるべき相手なのかもしれません。

私たち夫婦は、わりと自然に感謝の言葉を行き来させてます。

とても気持ちがいいし、またこの人のために!って気持ちが強くなったりします・・ああ、好意のお仕着せじゃありませんよ。

できることなら、気づかれないくらいで、自然にすることなんです。

これって、お互いの時間に対する尊重とでも言いますか、拘束される時間をできる限り少なくしてあげられるんです。

すると、お互いが自由になる時間が増えて、さらに理解し合えることになります。

ん?(笑)

まあ私のことなんて、どうでもいいですが、

職場の人間関係 を良くする方法

あなたにとって「感謝の気持ち」を伝えたい人がいると思うんですよね。

たとえば、プレゼントなどをして、それを伝える。

手紙を書いてみる、一緒に出かけてみる、口頭で伝えてみる・・などなど、

感謝の気持ちを伝える方法は、人それぞれにあると思います。

これらは人間関係として親密なのが前提の場合ですが・・
ときにこじれている場合があると思います、特に職場の人間関係なんかは。

たとえば、あなたが嫌いだな、イヤな人だなと感じている相手には、感謝の気持ちなどまったく感じられないでしょう。

そういう場合、ひとつ試してみる価値のある方法をお伝えします。

➡   

イヤな人のイメージってのは、おそらくあなたの中で感じのいい映像としては写っていませんから、できるだけその人の笑顔や愛くるしい姿などを想像してみるんです。

これを何度かやっているうちに、本当にあなたに対してそういう表情や態度に変わってくることをまのあたりにするはずです。

それまでなんともギクシャクした関係が続いてきたのに、なぜか好意的な関係に変わることでしょう。

実は・・・

あなたの友人関係というのは、基本的にはこういうイメージ上の関係が継続されているんです。

しかし、突然友情が崩れることもあると思うんですが、それはあなたの(あるいは相手の)中のイメージや想像が変形しているわけです。(※これを解消する方法はまたの機会に・・・)

すべての人は、違うチャネルではつながっていて、お互いが意識し合える関係になると、そのつながりは太く明確になりえます。

たとえば、誰か有名人と知り合いたい、なんて思っているとしたら、双方の意識的合意がつなぎ合わされば、それも可能なことなんです。(※こう見えて、わりと著名人とつながったりしてます・・)

それはどうでもいいとして、あなたが人間関係を良くしたいと思うのなら、あなたの中にある相手のイメージを変えてみることから始めることです。

相手へのイメージ、それはまさしく自分自身のイメージなのですから。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう