呼吸が変わる、意識が変わる、人生が変わる!

快眠は一日にしてならず?~日頃の呼吸がよい睡眠のカギ

WRITER
 
快眠は一日にしてならず?
この記事を書いている人 - WRITER -

快眠は一日にしてならず?

これまで何度か、睡眠方法についてお話しています。

今日から一週間ほど、睡眠についてのお伝えしたいと思います。

季節的にも寒さがこたえる時期です。

よい睡眠が、免疫力低下を防ぐ一番のお薬です。

数年前から、「睡眠負債」などという言葉を目にするようになりました。

おそらく、いい睡眠を時間で測ると、こういう言葉の選択になるのでしょう。

一日の活動に対して、必要十分を満たす高質な睡眠は、時間で測れるものではありません。

私たちはそのあたりはシビアになります。

基礎呼吸が確かなものになると、睡眠はいとも簡単に、質的に向上します。

ふだんの呼吸に睡眠時の呼吸のヒントが隠されています。

コアスリープメソッド(発展的睡眠法・核睡眠)

私たちが取り入れている睡眠法は、朝の目覚めに起点をおきます。

最高の朝を迎えるための、一日の活動であり、睡眠です。

これだけの活動に対して、相応の睡眠時間を当てる。

それを自己観察しながら、つねに割り出すようにする。

やがて呼吸の進化が睡眠の質を高め、睡眠時間もしだいに短くなるでしょう。

睡眠障害

不眠に苦しむのは、いわゆる逆努力が働くからです。

眠らないといけない、眠らないと明日に支障がでるなどの不安。

あるいは、精神的な悩み事、肉体的な苦痛などもそうです。

本来、ありがたく楽しいはずの睡眠を苦しめます。

リラックスすることに意識を集中する、それだけで効果が上がります。

体の緊張をほどく、脱力するだけで、脳には睡眠の信号が灯ります。

余計なことを考えると、神経は体を眠らせまいとします。

そういった思考の癖から抜け出すことが第一です。

そんな時に役立つのが、呼吸の知恵なり、知識です。

呼吸を観察すれば、どんな呼吸が睡眠に適しているのか、すぐにわかるでしょう。

睡眠の改善は、ひいてはライフスタイルそのものを変えてしまいます。

リラックスすることを怠らない

首回り、肩周辺は姿勢の悪さが原因でこってきます。

慢性的に血液の循環が行き届いてないために、筋肉が異常をきたします。

呼吸が正常化すれば、姿勢は自然とよくなります。

自然体で緊張を解きほぐし、リラックスすることを心がけてみましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 感謝呼吸実践会 , 2019 All Rights Reserved.