感謝呼吸実践会オフィシャルサイト~呼吸が変わる、意識が変わる、人生が変わる!

想像が描かれるわけ【無意識な想像と意図した想像】想像力

  • HOME »
  • 想像が描かれるわけ【無意識な想像と意図した想像】想像力

イメージが実感を変える

基礎呼吸が安定してくると、自分の持つ思考や想像、あるいは感情といった内面的な自己に興味が注がれるようになります。

どんな思考をしている時にどんな呼吸状態になるのか、どんな感情を持った時どんな呼吸状態になるのかなど、自己分析が進んでゆくようになります。

しだいに乱れた思考は収斂されて、一定の方向性を持つようになるのです。

たとえば、これまで物事を悲観的にとらえることが多かった場合、そのとらえ方によって似た傾向の思考に支配されていたはずです。

それを変えるいとぐちすら見つからなかったのに、呼吸を転換することで意識が楽になり、自他ともに許せる気分になります。

その繰り返しによって、新たな自分が形成されてゆきます。

すると、自分が持つイメージに違いが現れてきます。

これまで実感的に持っていたイメージは、最終的には消極的なイメージへと落ち着いていたものが、より気分や感情を高揚させるイメージへと変わってゆくのです。

なぜなら、そのほうが楽で安定的な呼吸になるし、心身のバランスが取りやすくなるからです。

意図してイメージを変える

さて、そうするとどういうイメージが自分にとって最適なのか。

あなたにとって、どういうイメージが自分を豊かにしたり、健康にしたり、幸せにしたり、平静にしてれるのか。

私たちはこのイメージのことを結論的イメージ、と呼んでいます。

人は一日の中でさまざまにイメージ、想像を変えています。

その想像が自分を幸せにするものならいいのですが、悩みや苦しみを抱えている人の多くは、自分のイメージをその逆の想像に終始して過ごしているわけです。

結論的イメージというのは、その想像によって感謝の気分、感謝の感情が現れてくるようなイメージです。

想像するだけでありがたくなるようなイメージ、これは個人個人違いがあるはずですが、どういうイメージであっても、まずはそれを試しに描いてみることです。

たとえば、人間関係でギクシャクしている現実があった場合、想像の中で理想的な関係に修復できた、と想像してみる。その想像に現実感がともなえばともなうほど、ありがたさが強くなるのです。

そして、その時の呼吸状態をよく観察してみてください。

 

TEL 0288-25-5510 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 感謝呼吸実践会 All Rights Reserved.