意識のアップデート

2019年元日〜息初め(いきぞめ)しました

ついに2019年の幕が開けました。
 
あちこちで、今年の予測とか、今年の動向、トレンドなどが発表されていることだと思います。
 
今に全てがあると知っている人にとって、それはあまり興味をそそるものではないでしょう。
 
なぜなら、いまその場でいる自分が全てであって、自分の在り方に全てがあります。
 
だからこそ、在り方をどうするかにしか興味がなくなります。
 
さて、昨年は意識格差が広がると、申し上げました。
 
それは着々と進んでいるようで、見える世界も同じでありながら、違うものを見ている感があります。
 
ところで、2019年の新たな空気を新たな気分で呼吸する、息初め(いきぞめ)をしました。
 
無意識な呼吸ではなく、意識して呼吸する年始の儀式としてやってます。
 
新年の気分は清新なものです。
 
この記憶を毎日よみがえらせる効果があって、新たな意識づくりにはとても役に立ちます。
 
古い意識から脱皮している人が、じわじわ増えてきました。
 
この世のすべては幻想であることを見抜き、それを利用して体験を作り出している、そのことを思い出し始めています。
 
すべては自分自身を知るための創造であること、忘れていた人生の意味を思い出しているのが、新しい意識の基盤になるでしょう。
 
今年はもっと深く、確固としたものへと進化してゆくのです。
 
感謝呼吸実践会のメルマガとメール講座
※自分の呼吸に向きあうことで、意識と体の関係がよりハッキリします。
登録はこちらから

-意識のアップデート

Copyright© 感謝呼吸実践会 , 2019 All Rights Reserved.