感謝呼吸

自然な、ありのままの自分でいる

投稿日:

自分に対して正直であること。

これがどれほど大切か。

正直が大事だ、と幼い頃から誰も聞かされてきたことでしょう。

 

ではなんで正直が大事なのでしょうか?

これを教えてくれた人は幸運です。

正直でいることの価値がわかるからです。

 

自己への本当の影響となると、経験の浅い子どもには想像がつかないこともあります。

深く掘り下げたことまで教えるには、尚早と判断されるのでしょう。

教育するほうに、そういった観念が薄いことも多いのです。

 

それは自己への偽りが及ぼす心理的な影響です。

言い換えれば、精神の力学と言えましょう。

 

人間関係の中で見栄や虚栄心のために、飾った言動や振る舞いをしているとします。

本当の自分ではない不自然な思いと行いすることになります。

それが徹底され、自然な習慣に昇華していれば、それが真実になります。

しかし普通は耐えきれなくなって、偽りを露呈する結果になるのです。

 

正直さというのは、ふだんの自分を偽らないことです。

ふだんの自分を偽ってなければ、あるがままを人に見てもらえばいいだけです。

とても楽だし、精神的な不要な労働もしなくてすみます。

 

逆はどうでしょう?

必要以上に自分を卑下していると、自信を喪失することになります。

注意しなければならないのは、それを控え目な人柄とか謙虚さと勘遣いしないことです。

 

ネガティブさに苦しむということは、それが本来の自分ではないことを端的に示しています。

これもある意味、自分を偽っているのです。

 

人に期待されないでいるのは、気分的に楽なことかもしれません。

人の評価を気にしない、という決断なら納得してます。

でも普通は逃げたい気持ちから、楽な方へと流れているだけです。

 

自分の精神の要求が、今の自分から上昇したくなる理由です。

その相克が悩みの実態です。

 

そうすると、ふだんの自分を少しずつ高めてゆく努力が、自分の理想(一時的にでも背伸びした自分)に近づけてゆくことになります。

背伸びするような緊張も、悩み込むような卑下も必要の無いことです。

 

自然なありのままの自分でいられます。

以前にも言ったように、人間の心はほどよくチューニングされることが望ましいのです。

-感謝呼吸

Copyright© 感謝呼吸実践会 , 2019 All Rights Reserved.