感謝呼吸

感謝の中で生きる

2019年6月17日

はじめまして。

むつみかんこです。

造田さんの依頼で、投稿することになりました。

今後ともよろしくお願いします🥺

 

では早速、初投稿。

タイトルは造田さんにつけてもらってます。

適当にしゃべりますから、気楽にね。

 

 

 

感謝はしようとか、やろうとか、行為としての感謝をしようとするから、難しい修行になるんだよ。

たとえば親とか家族、お世話になった人とか、親しい人とかね。

 

私は感謝することに、行為を当てはめてないから、常に感謝を感じて生きてます。

だけど、あらたまってみんなに感謝したりすることもないかな。

 

なんか矛盾してる?

 

でも「ありがたさ」って、いつでもどこでも感じられるステキな感情だよ。

それを何か難しい行為に結びつけなければ、感じられないなんて、おかしいって思わない?

 

感謝の波動は、宇宙全体に行き渡っているというのに、どうして地球に暮らす人々は使わないのかなあ?って不思議に思うんだよね。

 

行為より先に、感じてさえいれば、感謝する機会なんて無限にやってくるんですよ。

まず、存在してるだけでありがたいって気持ちになりますよね。

それから辺りに目を向けたら、何もかもがありがたく見えてくるし、とても愛おしく見える。

 

人との関係だってそう。

感謝のフィルターから映る人々って、とても優しくて、可愛くて、素敵です。

もし悩みのフィルターを外せず苦しんでるなら、息を吐くたびに、ありがとうって言ってごらん。

 

何に感謝してるのか分からなくてもいいよ。

これ大事だからね。

 

だって、感謝は感じているだけで幸せになれる魔法の感情なんだから。

どう取りつくろっても、感じてることがあなたの真実。

 

幸せが何か分からないって人、ほんと多いんだけど、幸せって愛と同じくらい大きな幅を持ってるから、手に持ちにくい、わかりにくいんだ。

だとしたら、その要素に焦点を合わせていけば、そこに.幸せにつながるわけ。

 

感謝もその一つではあるけど、とても大きい要素だよ。

だってそうでしょ?

幸せな人って、みんな感謝の波動を持ってるし、喜んでるでしょ?

 

なろうとすんじゃなくて、先にそうなっちゃう。

それだけでいいんだからね。

 

今日はこんなとこ。

じゃあまたね〜、バイバイ〜

 

感謝呼吸実践会のメルマガとメール講座
※自分の呼吸に向きあうことで、意識と体の関係がよりハッキリします。
登録はこちらから

-感謝呼吸

Copyright© 感謝呼吸実践会 , 2019 All Rights Reserved.