感謝呼吸マスター講座

は、2020年12月31日で終了します。

--時間---終了しました

 

感謝呼吸マスター講座の主旨

こんにちは、感謝呼吸実践会の造田修作(そうだ・しゅうさく)です。

約束を果たす機会の窓が通じることになりました。

 

2019年、日本は令和に元号が変わり、

来る2020年代を新たな気で迎え入れることになります。

 

2020年代、この時代を迎えるにあたって、

私は何とも言えない懐かしさを思い出します。

このページを読んでゆくと、あなたも思い出すことになるかもしれません。

 

今の時代は”恩寵”である、と言われます。

何の恩寵かといえば、宇宙や神と言われる

高い意識からの贈り物の時代です。

 

さて、

 

「呼吸を五次元に設定する」というページをお読みいただいた方には、

おそらく感覚的にも「感謝の持つ力」をわかりかけていると思います。

 

もちろん、私がその力を隅々まですべて知り尽くしているとは申しません。

 

ただ、これまで感謝の恩恵にあずかってきた身としては、

それなりの知識と理解、実践的な用い方、

そして、感謝の波動域への入り方には精通しています。

 

そういう意味で、あなたがこの感謝呼吸マスター講座を受講される判断は、

これからの人生、とりわけアセンションを実感的に体験する時代に

きわめて有効に働いてくれるでしょう。

 

これからやってくる、あまりにもエキサイティングな時代は、

あなたの意識がもたらします。

他の誰でもなく、あなたがもたらす、ということなのです。

 

感謝呼吸マスター講座では、

あなたの呼吸がどれほどの力を持っているかを

まざまざと実感することになると思います。

 

まずあなたは自分の呼吸と向き合い始めます。

 

自分の呼吸がどんな働きをしているかを知ると、

絶対に無視できないことを悟ることになるでしょう。

 

これまでおざなりにされていた呼吸は、

あなたの中で輝かしく息を吹き返すことになると思います。

 

そして、感謝という選択されたエネルギーは、

あなたという存在の中で循環しはじめ、

小さな波紋は宇宙へと大きく広がってゆきます。

 

感謝の波動は、無限に存在するバイブレーションの中でも、

愛とともに最強の波動です。

 

愛が全てを包含し許容するのに対して、

感謝は全てを動かすエネルギーとも言えるでしょう。

 

あなたの肉体は、呼吸によって成り立っています。

死とは言い換えれば、呼吸を断つことです。

 

生命の呼吸の中に人生の秘密があるという気づきは、

ある意味では自然なことだと思います。

 

あなたの体にとってより良い呼吸が選択されれば、

あなたの肉体と意識や精神は統合されはじめます。

 

それを観察しているあなたの魂(ハイヤーセルフ)は、

あなたの新しい在り方に乗り移ります。

この三者の統合がなされるとき、あなたの宇宙は喜びに身震いを起こします。

 

感謝呼吸があなたにインストールされると、

あなたの肉体と意識の統合は自然に促されてゆきます。

 

あなたの人生の基礎となる呼吸(基礎呼吸)を見出してください。

それは、絶対にあなたの基準でなければなりません。

 

何秒で吸って、何秒で止めて、何秒で吐く・・

などという外側の基準に惑わされないようにしてください。

 

なぜなら、これをやっているうちは

あなたの体の声を聴くことはできないのです。

 

あなたの呼吸です。

あなたにしか基準はないんです。

 

体と精神の関係を良好にしてゆくと、

自然と意識が啓かれてゆきます。

 

これは宇宙的なルールであって、

老若男女、貧富貴賤などお構いなしで、

環境や状態のどんな違いにも関係なく適用されています。

 

富を持っていても、このルールに外れてゆけば、

意識は閉鎖的になり、様々な不幸をひきつけることになるでしょう。

 

たとえ貧しくても、このルールに従えば、

内面の輝きはあふれだして、様々な幸せに満ち溢れるのです。

 

病気に伏しているときでさえ、

あなたが体の声に従順に、呼吸を見つめてゆくのなら、

快方へと導いてくれます。

 

約束の窓~この気づきをお互いに求めていたのです

 

もともとあなたは、このことを知って生まれてきています。

 

人生という体験の場は、あなたの魂の進化の場でもあります。

 

苦しい体験を自分では選んでいないと思っていても、

実際のところ、選択しているから苦しんでいるのです。

 

魂はあなたの選択に従い、それを体験するために

様々な条件を完璧にそろえて、完璧に体験します。

 

感謝呼吸を選択する人は、

感謝を選び、感謝の体験をするために魂と共働します。

 

今でこそ私はよく理解していますが、

あなたがこのページに来て、ここまで読んでいることも

われわれの魂がつながっているためなのです。

 

つまり偶然ではなく、100%シンクロした必然です。

 

冒頭、約束の窓が開いたと記しました。

 

私たちは気づいた者がその窓を開いて、

次の道への道標を掲げる約束のもとに生まれてきました。

 

だからとても懐かしく思えるのです。

 

そして、2020年以降の世界さえ、

意識の奥底で人類は、誰もが垣間見ている景色なのです。

 

2020~21年以降、波動ごとに分離されてゆきます。

 

あなたの持つ波動が、あなたの進む世界を決定します。

 

まだ三次元の世界を生きていたいのなら、それもいいことです。

あなたの三次元のドラマは、これから素晴らしく展開するかもしれません。

 

ただ、今回アセンションを志向する人々は、

もう本当にこの世界の体験に飽き飽きしています。

 

もういいでしょう!って水戸黄門じゃないですが、

叫びたくなるくらい次の体験を渇望しています。

 

これからやがて、日本のみならず世界中で、

システム的な破綻が起きてきます。

 

生活にも事欠く事態が現れるかもしれませんが、

高い周波数でいられると、なぜか上手く避難していたり、

回避できたりするようになるでしょう。

 

自分の位置が宇宙の中心であるということを

本当の意味で理解してくると、

周りのざわざわした動きに惑わされなくなります。

 

なぜなら、現実という幻影を映し出す光源(意識)が、

感謝の意識であるためです。

 

つまり、選択的に「感謝を選ぶ」という日常を

今からでも過ごしてゆくことが極めて重要なのです。

 

3つの選択肢

 

そこで、感謝の選択方法にはいくつかの方法があります。

以下の3つをご紹介しておきましょう。

 

第一に言葉で感謝を選択する方法。

たとえば、「ありがとう」という言葉を一日に何百回、何千回と繰り返したり、

感謝の対象を見つけては、「ありがとう」と言ったりします。

言葉の創造力は偉大です。

しだいに感謝するステージが醸成されてきます。

ただし気をつけたいのは、自分の意識が喜びを感じているかどうかです。

 

第二に行動で感謝を選択する方法。

いわゆる感謝行と言われる、修行のような方法。

誰かに恩返しをしたいと思ったら、相手に喜んでもらえる何かを提供するとか、

感謝される行動を常に心がけるというスタイルです。

これは行動というダイレクトな創造力を使います。

なので結果が明確になります。

ここで気をつけたいのは、結果にこだわるあまり、

感謝を選択するという元々の意志からずれてしまわないことです。

 

そして第三に、実感的感謝を選択する方法。

つまりありがたいという感情を選択する方法です。

ありがたいという感情を明確に選択するとき、

あなたの在り方が確立され、魂はそれを体験する場を創造します。

 

この方法は、あなたが感謝の対象を追い求めなくても、

自然と感謝する機会が現れ、感謝を体験することになります。

これは連鎖反応を起こし、一つの感謝の場が幾何級数的に広がるのです。

 

これからの時代、感謝は選択されるエネルギーとして

大きな注目を集めることになることを知っています。

 

自然に誰もが感謝の意識状態で生きている、

という世界を目の当たりにし、体験することになるでしょう。

 

アセンションした世界は、愛の一定レベル以上の周波数で存在します。

 

この三次元世界の荒々しい周波数から、

ふんわり浮き出るような形で、抜け出してしまいます。

 

感謝呼吸マスター講座でお伝えするのは、

この3つ目の選択方法です。

 

あなたが基礎呼吸を認識し始めると、

自然と感謝の感情が生まれやすくなることに注目してください。

 

つまり、肉体と意識が調和しはじめると、

程よいリラックス感に包まれます。

 

このとき、ネガティブな感情や思考は

なかなか生まれにくいのです。

 

あなたが感じているリラックス感より、

ネガティブな思考や意識の比重が重いと、

せっかくのニュートラルな視点はフェードアウトしてゆきます。

 

たいていはこのときに、

疑いや猜疑心を強化してゆきます。

 

このバイブレーションの振動を受けると、

元々の透明ガラスが、くもりガラスのようになります。

このハードルを越えてやっと、視界がクリアになります。

 

リラックスすることがどれほど重要であるかは、

いくら強調しても足りないほどです。

 

なので、ここを越える自信のない方は、

何か違った方法を選択したほうが賢明です。

 

疑心の原因は、不安や心配という意識・振動が元にあります。

しかし、感謝が循環してくると、

こういうネガティブな意識はなかなか同居できません。

さらに感謝を呼吸していると、隙間に入り込む余地がなくなります。

 

基本的にネガティブな意識を持つのは、エゴと言われる人格です。

エゴは三次元を生き、体験するための大事な要素でしたが、

エゴにも感謝できるようになると、

エゴが協力してくれるようになります。

 

つまり、エゴは方向転換のためのサインを送ってくれています。

ネガティブな意識が出てきたとき、それをサインと見抜き、

送ってくれたことに感謝するのです。

 

マスター講座のエッセンス

この講座で、あなたは感謝の力を解放することになるでしょう。

しかも、あなたがもともと持っている力なのです。

実際にはもうあなたはそのプロセスに入っていると感じます。

 

どこか遠くにある、手の届かないものではありません。

あなたの内にあり、解放されるのを待っている力です。

 

あなたがこれを解き放てば、

おそらく人生の謎の多くがストンと腑に落ちるでしょう。

 

さらに、人生が変わる瞬間が手に取るようにわかると思います。

つまり、意識的に人生を創造する側になるのです。

 

これまでの外側の価値観による隷属状態、

鎖をかけた状態から、全く自由な状態になるのです。

 

どんな人のどんな言葉や考え方より、

自分の内側が真実であることが際立ちます。

私のこの文章でさえ、外側のものです。

 

でも自分を取り戻したあなたは、

自分の内側に意識を集中しはじめるでしょう。

 

そのとき、自分の内側と肉体との関係を整理して、

さらに統合する必要を感じ始めます。

 

これをつないでいるのが呼吸であることに

ほどなく気づくはずです。

 

よりよい、自分自身の呼吸がある、ということを明確に悟るでしょう。

人の呼吸の真似事をしても、統合されないとはっきりわかるはずです。

 

呼吸によって意識が安定するときがやがて訪れます。

その意識が外側を映していることを受け入れられます。

 

ここにあなたの新しい在り方が生まれます。

それが、ありのままの自分と言われる状態です。

 

この状態になると、必要性の幻想から解放されるばかりでなく、

幸せの予感がして、それをいずれ体験することさえ知ることになります。

あなたは、ただただ感謝するしかなくなるでしょう。

 

これまで述べたプロセスが一瞬で完了するくらいにまで、

そして途切れることなく連続化することになります。

すると、もはや感謝している状態が、あなたという存在の真実になるのです。

実際、こういう状態で生きている人は、世界中でけっこういらっしゃいます。

 

あなたがそうなるのも、そんなにほど遠いことだとは思いません。

なってみればとても単純、シンプルだとわかります。

 

 

 

 

 

 

 

ヒーラー・セラピスト・カウンセラー・・
あなたに足りなかったのは、感謝の波動域という場です。

これからの時代に、感謝の波動域を創れない方は、

なかなか事業的な運営が難しくなります。

なぜなら、人々が目覚める時代だからです。

 

占いやスピリチュアルなどのカウンセラーさんも、

顧客となるのは、ほとんど他人軸で生きている人たちです。

 

目覚めを体験した人が次に向かうのは、

肉体・精神・魂のさらなる純化と調和と統合です。

 

高い波動域へと向かうということは、

より自分の内側の宇宙を探検してゆくことに他なりません。

 

顧客をリピーターにさせるという発想も

特にこういう業界では、自分の波動を落とす原因になります。

人の依存心、恐怖心を増幅させることは、

そのまま自分の意識へとフィードバックさせるからです。

リピーターではなく、あなたから巣立ち、

元々の友の立場に帰るだけでいいんです。

 

感謝呼吸実践会とは

 

私たち感謝呼吸実践会では、発足時から組織活動を一切行っていません。

いかなるピラミッドタイプの組織構造をも持ちません。

頂点に立つ者などいないのです。

 

組織の弊害は、いかに崇高な理念であっても、

序列を作ろうとする弊害があります。

 

これ自体が三次元ゲームの在り方であり、特徴です。

組織があると、さまざまなドラマを生みやすくなります。

 

トップを目指しているために、

組織内で必ずさまざまな駆け引きを行います。

あなたの会社でも、ふつうにみんなやってるでしょ?

 

 

 

 

 

 

2019年9月6日

Copyright© 感謝呼吸実践会 , 2019 All Rights Reserved.