こんにちは、ソウダです。

突然ですが、あなたは

自分の呼吸をしていますか?
もちろん、あなたは呼吸をしています。
でなければ、このブログを読んでいることはありません(笑)。
実は、
呼吸はしているけど、自分の呼吸をしている、
そう言える人をあまり見かけたことはありません。
どういうことかと言うと、
自分で意識的に呼吸をしているかどうか?
これを確認してほしいんですね。
ふつう、呼吸はオートマチックにしています。
起きてようと寝ていようと、体が勝手に呼吸をしています。
これって、よく考えるとスゴイことだと思いませんか?
人間の体というのは、誰が設計して、仕組んで、作り上げたのか。
本当に素晴らしいに尽きるんです。
現代ではいろんなロボットも進化して、高度な動きをしますが、
人間に優る高性能なロボットを見たことがありません。
立って歩いて、走って止まる。
いろんな動作を自分の意志で行います。
もちろん、私たちはロボットではありませんが
こと呼吸に関しては、認識すらしなくても
勝手に行われていますね。
ただ、呼吸を無意識に任せていることが、
どうやら人として生活する中で、
多くの問題を生んでいることが分かってきました。
現代では、浅い呼吸の弊害がよく知られています。
要するに、息を吐き切れていないことです。
細胞への酸素供給が不十分なまま生活していると、
不活性な細胞から劣化が進み、
やがては病気を招くことになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう