今日のクローズアップ現代は、
久しぶりに感動をもって見つめました。

心臓の重い病気で18年の人生を閉じた、
田嶋華子さんを特集していました。

詳しくはコチラ

華子さんのご両親のお気持ちも
いかばかりかと、

察するにあまりある
ドラマだった気がします。

ただ、僕が強く思ったのは、

みずから人生を閉じると決めた
華子さんの決断は、

あまりにも静かで、
逆に感動すら覚えました。

人工透析を断ち、
延命処置を固辞したのです。

18才の少女が・・・

喪失感をぬぐえないであろう
ご両親の気持ちを察してか、

感謝の気持ちを
最期の旅行のときに伝えていましたね。

涙が止まらなくなりましたよ、マジメに。

このような人生もあることを見て、
たくさんの方が生命について
考えさせられたと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう