こんにちは~、ソウダです。

今日のテーマは少し現実的なお話です。

私たちは日夜仕事して、日々の糧を得ていますが、
それはそれは、いろんな苦労をしていると思います。

お金を得るためには、やりたくないことを我慢して、
自分の心の叫びをどこかに押しやっていたり。

正直言うと、僕もそういう時代を過ごしてきて、
インターネットがそれを救ってくれた経緯があります。

若い時代にプログラミングをやっていたので、
オートメーション化する概念は持っていたものの、
それを自分の生活の中に組み込むという意識はなかったですね。

ただ目の前の課題を自動化する、
少ない労力で、多くのことを処理してゆく。

時間を生み出すためには、
作業時間をどう短縮させるか、
それを徹底的に追求するしか手がないわけです。

でも企業の中においては、
自由な時間は、遊んでいる時間となります。

効率化=量産に結びつくわけですから、
自由な時間が増えるどころか、
次々と労働時間は増えてゆきました。

デスマーチは、常に問題になっていて、
プログラマーさんも職場を変えることが日常茶飯事です。

好きで仕方ない人は別として、
人間的な時間をもっと持ちたい人には、限界があります。

そこで、私が思いついたのが、
自動成長させる、というプログラムでした。

たとえば、

動物はもともと、
精子と卵子が結合した受精卵です。
その受精卵が持っているDNA情報をもとに、
自動的に成長して行きます。

DNAは、生命の設計図などと言われているように、
それなりの設計図があれば、
個人的なビジネス自体が自動的に成長するのではないか。

そう考えだしたのがきっかけで、
自動成長するプログラムを志向しはじめたんですね。
もう10年以上前になりますか、懐かしい気もします。

自分の思考を現実のものにするためには、
そうなりたいと思うビジョンがなければ、
なかなかそこに到達することはないでしょう。

いったん自分がなりたい絵姿が描かれれば、
そうなるための設計図さえ組んでしまえば、
まさに自動的に物事が進んでゆきます。

自己啓発系の思考で足りないのは、
まさにこの部分だと思います。

自分がこうありたい姿は、
思いの濃淡はあれ、誰にでもあるはずです。

それを現実の軌道に乗せるために、
自分で設計しデザインしてゆくと、
かなり現実味を帯びてきます。

心は軽くなり、ワクワクする気持ち、
言葉を代えれば
モチベーションが下がることは滅多にないでしょうね。

さらに、インスピレーションやアイデアは泉のように湧いてくるし、
シンクロニシティが連鎖的に発生します。

設計図を作ってゆくと、
自分に何が足りないのか、明確になってきます。
これがパズルのピースを埋める作業になります。
ここが一番の踏ん張りどころです。

足りないものをどう補うか。

ここであきらめてしまうと、
まさに絵にかいたモチになってしまいます。

でも、足りないものを補うというプロセスでさえ、
小さな設計図を作ってしまえばいいだけなんですね~

しかもできるだけ自動化させるってことです。
これは一つのトレーニング的な意味合いがあります。
よく言われる”小さな成功体験”になります。

成功には喜びがつきものですので、
連鎖と循環が徐々に形づくられます。

たくさんの設計図が組み合わさって、
全体的な設計図が仕上がって行きます。

こうなると、自分の望む結果の道筋は
手に取るように分かります。

また取り組み自体が、とっても楽しいです。
楽しさというのは、自動成長のための最重要ファクターです。

こういう手順を踏んでゆけば、
あなたの望みはたいてい現実のものになると思います。

今ではインターネットが
あなたを強力にサポートしてくれる時代になってます。
前世紀じゃ考えられんことですよ。

どうです?ワクワクしてきませんか?

あなたの望む思考の現実化にいたる、
手がかりになれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう