こんにちは~、ソウダです。

ゆうべのサッカー観戦、
ハラハラドキドキで、ハッピーエンド
まるでドラマ仕立ての劇場でした

応援でこれほど盛り上がったのも、
なんだか久しぶりでした。

私のツイッター(左サイドバーに)も、

リツイートが入り乱れてつぶやいてます。

本田選手の最後の気合、自信。
あれがいろいろなものを引き寄せてましたね。

ふつうなら考えられないような、相手選手のハンド。
絶対オレが決めてやる!、意志のみなぎったPK。

決まった瞬間、ゴール背後で構えてるたくさんの大きな旗が
勢いよくはためいてました~~

昨日の本田選手を見ていると、
自信をもつことって、本当に大きな仕事をするんだなあと、
再認識したしだいであります。


自分に自信をもつことが大切である、
というのはもう誰もが疑わないあり方のひとつです。

しかしながら、自分に自身が持てない、
という悩みを持つ人もたくさんいますね。
ですので、この悩みを解消したいために、
さまざまな努力をしていると思います。
で、
どうすれば自分に自信がもてるのか?
これさえわかれば苦しむ人も少なくなるでしょう。
ただどうでしょう、
自分に自信が持てている、
って状態確認をする試験紙もないですし、
まあ、そんなことの確認をしているコト自体、
自信のない現れでもあるんでしょうから、意味がありません。
そうすると、

自分に自信が持てているということを知るためには、
まず今の自分がどんな自分なのか、
知ってしまえばいいことになります。

自己確認して、それが望む姿でないのなら、方向転換する。
このリピート作業によって、
新しい自分へと変わることができるわけです。
自分の望むあり方って、
やはりそれなりの鍛錬が必要だと思うんですね。

望まない、嫌なあり方の自分に沈む前に、
ささっと自分の望むあり方、感情に変えてしまう。

これって、やってみればできることですよ。
しかも意外にも、簡単に!

悩んでしまいがちな人の特徴として、
悩み自体を抱きしめてしまってて、
手放そうとしない傾向にありますよね。

さっと手放して、違う気持ちや感情で、
問題に向き合ってみることもできますから。

アインシュタインが確か、

「問題と同じ次元で対峙しても、
それが解決することはないだろう」

って言葉を残していて、
昔聞いたのですが、いまだに覚えてます。

小難しいことはぬきにしても、
自分に合った気分で生活する、
それが合わなくなれば、
もっと自分に合う気分を見つけてゆく。

とても楽しい生活になってゆくと思うんです!

結局、自信ていうのは、
自分を信じている姿というより、
自分を心から楽しんでいる生き方、
って考えるほうが、私には合ってます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう