先月のタバコ税の値上げで、
多くの人々が禁煙にチャレンジしている
という姿を見聞きします。

たしかに、
タバコなんて吸わずに済めば、
言うことはありませんね。

僕もかなり
ニコチン依存だったかもしれません。

あのタバコってのは、
なんとも憎たらしヤツでむっ

誰がこんなものを作りやがった爆弾

なんて思ったことも、
たびたびでしたねえ、マジで。

タバコが体にいいものなら、
これを止める必要なんて、
感じたりはしないかもしれません。

しかし、

長い間喫煙していると、
しかも、たくさん吸ってたりすると、

ところどころに、
違和感が現れてきます。

のど、
頭、
足腰、
内蔵、
・・・

って、いたるところって
気もしないでもない。

最後には
呼吸までおかしくなる(COPD)

でもこれを止めるのに、
思考の現実化
が役に立つのだろうか?

というより、

役に立たせるのは、
自分自身なんですけどね。

止めたい!

では止められませんね。

止めてしまった、
そして、
ああ、嬉しい、セイセイした!

くらいで、
何とか止めれるでしょう。

タバコ?なにそれ??

であれば、
もう終煙、ああ終演ですね。

禁煙の成功のしかた、
なんてのは、人それぞれ。

禁煙グッズでもできたりするし、
禁煙の本(禁煙セラピーとか)も
そうでしょうし、

僕が教えてた
「呼吸で禁煙!」で
止めちゃった人もいれば、

病院で強制禁煙みたいなのも
いいかもしれませんね。

あえて、

この思考現実化メールセミナー
ってのも、有効かもしれませんよ。

喫煙者のあなたに。

いろいろ試してみること、
それが大切でしょうね。

何につけても、原理原則があるのですが、
禁煙にも適用できるかもしれないですよ。
その方法は、こちら。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう