快適な睡眠くらい贅沢なものはない!

と思いますが、
あなたはどう思いますか?

なかなか眠れない夜を過ごすと、

目覚めがとても悪くて、
一日の始まりがとても気だるくなりますねえ。

その影響からか、
昼間でも何か体がすぐれずに、

気分が晴れないという経験を
僕は何度も経験しました。

目覚めたときに、

疲労が回復している実感がともなう、
みずみずしい朝を迎えることができる人は、
どれほど幸せな一日が送れるでしょう。

睡眠に対しての自信がある人・・

さて、どんな人だろう?

布団に入ると
そのまんま熟睡できるとか、

目覚ましなしでも、
思い通りの時刻に目が覚めるとか。

眠ることを楽しみにしている人って
けっこういますね。

こういう人って
けっこう朝からテンション高い、
そんな感じがします。

そう考えてみると、
一日をよりよくするため、

睡眠に対する一定の工夫は
必要じゃないでしょうか。

夜がくれば眠る、
体が疲れれば眠るというのは
誰にもあてはまることですが、

さらに

よりよい朝のために眠る、
というポジティブな睡眠もできるでしょうね。

僕は「目覚め」にかなり注意を払っています。

よい目覚めにするために、
生活や睡眠に磨きをかけてます。

目覚めを意識した生活法です。

経験上、

睡眠の質を高めてゆく生活に、
病気というのは
近寄りがたいものだと思っています。

目覚めに感謝することができる人は、
それだけ朝の価値が高いはずです。

バタバタした忙しない朝というのは、
何事も後手後手になる傾向があって、

準備不足やケアレスミスを
誘発する原因にもなるようです。

そういった遠因が積み重なって、
自分の立場を悪くするような人もいました。

一度朝を見直してみて、
早く起きるというよりは、
ゆとりを持って目覚めることを心がける。

そんな習慣があると、
一日の質的な変化を感じ取れます。

経験者は語りますショック!

いずれ、
一日の成否を分けるのが、
朝にあるのだという実感が
深くなることと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう