門松・左新年、明けましておめでとうございます門松・左

あらためまして、
「思考は現実化する」の秘められた真実
を綴っております、造田(そうだ)修作です。

2011年の幕があがりました。

今年もいろいろなドラマがあると思いますが、
できるだけ感動的で、素敵で、歓びに包まれた、
ドラマにしてまいりましょう。

それを創るのは、
僕たちの思考、そして選択です。

どんな出来事にも、
僕たちがどう意味をつけるか。

何事も自分を善くする機会だと思えば、
すべてはチャンスでしかありません。

僕はかつて、元旦の初詣で、

「大凶」

を選び取ったことがありました。

どう思ったか?

これほどツイてることはないと、
マジマジと思ったものでした。

だって、
さすがに神社の人も、

好んで大凶なんてクジを
引いてもらいたくはないでしょう。

もう二度と来たくなくなるでしょうから、
そんな神社には。

だから、
かなり少ないクジだと思ったわけです。

そういうクジを引き当てる自分て、
すごい運があるんじゃないか?
って、無茶苦茶な錯覚をしましたね、もう無敵ですよにひひ

そしてその年が終わってみれば、
今までで一番
ツキにツキまくった年だったんですね、コレ。

まさに、大凶サマサマ

それ以降、毎年元旦は、
自分のテンションを徹底的に上げる、
今年もまた、恵まれた一年になる、
ありがたい一年になる、

そういう幸福感で一日を過ごします。

ですので、

どういう意味づけをするかが、
自分を占う最高の方法なんです!
お約束いたしますよ、マジメにニコニコ

これまでの記事で、
一日(ついたち)のことを月立ちと
紹介してきました。

でも今日は、月立ちどころか、
年が立つ、年立ちでもあります。

とても大事な日だと思って間違いないです。

ですから、今日という一日は、
本当にハッピーな一日にしましょう。

もうすべてに、善いことを見る。
すべてに、チャンスを見る。
すべてに、希望を感じる。
すべてに、豊かさを感じる。
すべてに、笑顔でいる。

そんな一日にしましょうね~。

どうか、今夜眠る時まで、
いい気分でいられますように。

今日できれば、明日もあさっても。
そして気づいた時には大晦日って具合にえっ

それでは、今年もよろしくお願い申し上げます。

造田修作

この記事が気に入ったら
いいね!しよう