僕のデスク脇に
一本の小さなモップが
置いてあります。

市販されているものですが、
このモップ君がどうも、

気になる目

というのも、けっこうきれい好きで、
朝一番はたいてい
掃除からはじまります。

かといって、
潔癖性というものでもない。

一日を終えるころには
部屋は雑然としていて、

「かたづけなくちゃ!」

と思いつつも、
腰が上がらない日もあります。

ということで、
お掃除の効果を
少し話してみたいと思います。

僕はいつも一つの言葉を発しながら
掃除に取り組みます。

その言葉は

「あるべきところに行きなさい」

・・・

???

ですかねにひひ

実はこの言葉を、
片付けるものに向かって
つぶやいているのです。

本や書類、日用品などをしまう際
これを言いながらやっていると、
あまり物忘れをしないでいられます。

むかし適当に片づけなどをしていて、
よくどこに置いたかを忘れていました。

それがほとほと嫌になって、
(なんであるべきとこにないんだ!?)
などとぼやいていたのです。

やけになって
あるべきところに座ってろ!)
と、こぼしながら片付けだしたのがはじまり。

不思議なものですねえ、
それからはほとんどすぐに
探し物が見つかる。

それからというもの、
掃除の際にはこの

「あるべきところに行きなさい」

をつぶやきながら片付けています。

つまり僕の心の中の
物の置場所とが
合致するようになりました。

これはほんとに効果がありました。

それまで、
嫌だ嫌だと思っていた清掃が、
言葉を発することで、

むしろリズミカルになって、
妙に楽しくもなってきたりして。

意外な収穫だった気がします。

お暇があれば
試してみてはいかがでしょうか?

ただし、
変な人に思われないような
工夫はわすれずに!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう