「投げやり」と「開き直り」

あなたなら、どっちを選びますか?えっ

と、唐突に変な質問をしてみましたが、
いざって時の人間の態度って、
とても興味深いものがありまして、

実は、

同じシチュエーションで、
完全に違う態度の人を
見た経験がありました。

思わず

「ほぉ~~~」

なんて言葉が口をついて出たのですが、
その結末は、
まったく違うものでしたね。

このとき一つの教訓を得たわけです。

と言うのも、

投げやりになる人と、
開き直った人と。

投げやりになる人の場合、
その問題から目をそらしている。

開き直る人は、
問題を直視している。

ということに気がつきました。

開き直るのが善いとか悪いとかじゃありません。

シチュエーションにもよりますが
開き直ってる人の場合、

少なくとも、
もう自分ではどうしようもない
ことを感じてますんで、

とてもアドバイスしやすい状態が
生まれているわけです。

しかられる覚悟までして(笑)。

しかし、

投げやりな人は、
今では逆ギレなんて言われますね、コレ。

まあ、あえて
どちらがいいかと問われれば、

開き直るほうが
いい結果が生みやすいかもしれませんよ。

少なくとも、
問題を手のひらの上に置くことができます。

人に見てもらうこともできます。
アドバイスしてもらえる可能性もあります。

この開き直った人を見た時、
思わず感心したのですが、

投げやりな人の捨て鉢的な態度じゃなくて、
何とかしようという意志が明確でした。

でも、自分じゃどうにもならないので、
誰かに救いを求める姿だったわけです。

なるほど、
こんなアピールのしかたもあるのか。

そう感じました。

投げやりと開き直り、

まあ、
いずれにしても、そうならないに
越したことはないのですが。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう