この記事は、感謝呼吸.com からの転載です。
———————————————————
感謝呼吸ってなんですか?

というご質問にお答えさせていただきますと、感謝をベースにした呼吸の作法です。

感謝をベースにするって、どうすればいいの?

確かに、これはすぐには分からないかもしれません。簡単に言えば、感謝しやすい状態を作るってことなんです。

多くの人が、なかなか感謝することができない、そういうお気持ちを持っているようです。

でも逆に考えてみてください。感謝している時って、どんな時ですか?

とてもうれしくないですか?

ありがたい、って感情がともなう時というのは、ふだんではあり得ないことを感じている状態、と解釈できますね、「有り難い」と言葉にできるくらいですから。

その状態は、自分で意図して感じることができるわけです、その気になれば。

感謝ができない、と思うのは、感謝を感じることができないってことですね。

誰でも喜びをともなう、ありがたいという感情を、自分で進んで感じることができるのです。

しかし、できないと思えばそこで終わり。誰の意志でもありません。その人の意志ですからね。できないと思う心に歯止めがかからない限り、それは無理というものです。

でも、いったんできると思い始めれば、何でもできるんですね、不思議と。

「できない」神話に取り憑かれていると、何もできないまま時は過ぎ、はい、人生終了ってことになりかねません。

でも、できるんだ!という気持ちに点火されると、不可能と思われていたことさえ、やりのけてしまうのが人間です。

まして、感謝を感じるという、心躍るような態度が、「できない」ではもったいないではありませんか。

実は感謝は、誰のためでもなくて、自分自身のために最も優れた姿勢であり、態度であり、感情でもあります。

これを肉体を使って、効果的に作りだしているのが、感謝呼吸なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう