思考することを
自分の武器にしていると、

思考すること自体が
とても楽しくなりますね。

ひょっとしたら、この言い回しは、
語弊があるかもしれませんけど。

たとえば、

悩んでたり、悲しんでたりしていると、
思考自体が恨めしくなったりする。

でも、それも思考ですね。
思考だと気づいてなくても。

無意識な思考は、
本当に多くの人から
たくさんの幸せを奪ってきた、

そんな気がします。

思考を自在に操れるようになると、
思考が現実を作り出し、

それを体験できるという、
おまけまで付いてくるのですから、

これを使わない手はないな、
と思うわけです。

僕が、どのような時でも、
思考していることが現実を創る、
ということに気づいた時は、

さすがに
自分のネガティブな考えに
辟易としました。

「悩んでいる場合ではない」
という焦りのようなものも感じました。

じゃあ、
そこでどうしたかと言うと、
逆さましちゃえばいい
そう思ったわけですね、そこで。

つまり、
自分にとって
都合のいい考えから始めよう、
そう決断したんです。

都合のいい考えというのは、
いい結果になるように、
考えることです。

これを、
嫌な感情や意識が始まる前に、

それより先に

考えるという訓練をしました。

僕の理解の中では、
もう思考が現実化する
ということがハッキリとしていましたから、

現実化してくれてもいい思考

体にとどめていったわけです。

それはもちろん今でも続いています。

楽しく、ありがたく、自由に
続けてゆくことができるのが、

とても嬉しくなるのです。

そのヒントになるのが
こういう事例かもしれません。

さっそく自分も変えたい!
というのなら、こちらを使ってみても
効果ありです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう