この記事は、感謝呼吸.com からの転載です。
———————————————————

浅い呼吸は、みずから意図して深い呼吸に努める以外、改善の手立てはありません。

ただ、肉体の構造を活かして、深い呼吸をしやすくする方法はありますね。

浅い呼吸の方は、たいてい多くが背中を丸くしてしまいがちです。猫背とまではゆかなくても、背筋が伸びていない人が多いんです。

背筋が伸びると、呼吸器が機能しやすくなるのは明確です。

そこで、イスに座る時も、姿勢を意識してください。書類やパソコンに向かうと、しだいに姿勢も崩れてしまいがちです。できるだけ時を置かず、姿勢を直すようにしてください。

また、リラックスするということも深い呼吸にとっては要になります。というより、深い呼吸はいつもリラックスをともなうものです。

浅い呼吸になる要素、原因はとても複雑ですので、これを追求しようとするよりは、深い呼吸にもうなってしまえばいいだけのことです。

そのために、姿勢を調整する(正すんじゃなくて)ことです。より呼吸しやすい、自分の姿勢状態を見つけること。そして、より呼吸が安定するよう、継続し維持すること。これも、調整するという感覚です。

正しいとか、間違いとか、そのようなことは誰かが勝手に言っていることです。

あなたにとって、もっとも気分が落ち着き、安定的に呼吸できる状態、それを見つける。そういう態度が身につくと、肉体の神秘の探求に弾みがつくわけです。

僕たちの肉体というのは、本当に小宇宙です。神秘の殿堂。素晴らしい機能を持っています。その緒につくのが、呼吸の改善からなのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう