僕たち人間のふだんの思考は、
常に状況にそった考え方をしています。

たとえば、

僕の生活で言えば、

朝目が覚め、
自呼吸をしっかり整えて、
さわやかな感覚がしたら、
さっと布団から出ます。

起きてから、
今日やることを確認して、

さっそくやりはじめて、
どんどん片付けてゆきます。

楽しくやることがミソです。
とても感情的に安定してるな、
と感じています。

・・・

もし、

違う感情を生きるとしたら、
とてもじゃないですが、

変になるかもしれません。

苦しいことばかりを想像して、
嫌な気分を味わうのだとしたら、

昔に逆戻り

ってことにもなりかねません。

かつて
僕が気づいたのは、

僕の理想とする生き方と、
今の現実との違いです。

この穴というか、
違いを埋めないと、

理想の状態に達するのは、
絶対無理だ、
と思ったわけです。

たとえば、

今豊かに生きている人が、
貧しい生き方をしようとしても、
それは無理がありますね。

たぶん、そういう人たちは
貧しい生き方や生活が、
理想とは思っていないでしょうから、

想像すらし難いかもしれません。

ですから、
豊かに生きようと思えば、

理想の状態を
常に常に思い出して

その心境で生ききればいいわけです。

これは本当に不思議な効果を
発揮し始めるんです。

もし、
理想と現実の間のギャップに
苦しんでいるとしたら、

たぶん、
理想自体が中途半端な絵、
あるいはイメージなはずです。

細部にわたって
理想を描き出し、

まさしくそこにいるという
臨場感まで感じながら、
生活し始めてみると、

いつしか、
錯覚から、現実へと
確実に変化してゆきます。

そして、継続された
思考のレールに乗ってしまうと、

体も意識も、精神も調和して
深い深い安堵感に包まれるようになります。

ここまでくると、
確信と感謝が同居した状態になります。

現実化は自然な法則の一つです。
こんなトレーニングで、簡単に変わったりします

この記事が気に入ったら
いいね!しよう