僕は、今でこそ占いをしませんが、
一時さまざまな占いに興味がありました。

なぜかというと、

自分の未来について、
できるだけ善い情報や
データが欲しかったからですね。

自分がへこむような占いは、
できるだけ遠ざけようとしたり、

善い占いは
できるだけ信じるようにしたり。

まあ、手相やら人相やら、
夢判断とかも調べたりしました。

そんなことを通じて、
ふと思ったことは、

「気持ちしだいじゃないの?」

ということでした。

当時、まだ思考の力について、
それほど強い関心を
持ってはいなかったのですが、

気持ちしだいで状況は変えられる、
とおぼろげに感じるようになりました。

占いに影響されると、

何を信じるか

というポイントが明確になる点で、
効果は高いと思います。

人は、何かを信じたい、
という本能的な欲求がありますね。

「何も信じられない」

という人でも、
何かを信じたいから、
そういう心境にもなるわけでして。

特に、
自分の素敵な未来は、
誰しもが信じたいポイントです。

そこに経済の原動力があります。
ビジネスの見えない力となっています。

まあ、変な言い方ですが、
人に信じられる人や物やサービスのみが、
社会に流通し、生き残ってゆきます。

未来を占うのだとしたら、
自分で占うことができるし

また手っ取り早いです、はっきり言って。

占うって言葉に
注目してください。

独占の占(せん)の字ですよね。

なにが占(し)めているか。

心の中では、
どんな考え、
イメージ、
感情が占(し)めているのか。

それが自分の未来を
占(うらな)っているということです。

あなたが自分の未来を占いたいとしたら、
自分の思考と感情を知ればいいだけです。
こういう占い方はいかがですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう