初対面の方と会う時、
たいてい相手の方は、
何らかのバリアを張っていますね。

人間関係に巧みだな、
と思えるような方は、

もう最初から胸襟を開いて、
えらくフレンドリーというか、
楽しい感覚にさせてくれます。

僕の場合は、
今ではどちらかというと、
バリア型じゃないですが、

まあ昔はというと、
なんともガチガチのバリア型。

だったような気がします。

あるとき、

「造田クン、キミねえ」

と、ある方の声がまた響いてきました。

「それで笑顔のつもりか?」

「へ??」

と僕が受け返すと、

「笑顔なんて作ろうとしても
すぐに、はがれるぞ!」

などと言われていたわけです。

でも、
(笑ってないよりはマシでしょ?)
と思いつつ、

「じゃあ、どうすりゃいいんですか?」

なんて、生返事をしてました。

「笑うんだよ」

「はあ?」

「声出して笑ってみろ」
と、まじめに言われるわけです。

やってみると、

ああ、なるほど。

声に出して笑っている笑顔って、
その余韻も手伝って、
楽しさが不自然じゃないですよね。

作り笑顔と本当の笑顔の差というのは、
微妙ですが、
相手の印象がかなり違います。

作り笑顔で
ツカツカ寄ってこられると、
なんとも言えない距離感があるんですが、

声出してホントに笑った後の笑顔で
人と話してると、

「なんか善いことあったの?」
とか言われたりして、

向こうも自然といい笑顔になってます。

だからこれ、
僕のお気に入りの日課です。

朝から笑ってますニコニコ

あなたの最高の笑顔を発見するために、
使えるワザがコチラにあったりします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう