断食(だんじき)という言葉を
聞いたことがあると思いますが、

これは、僕もわりと取り入れている、
心身調整法の一つでもあります。

ただ、気をつけなければならないのは、
長期間やるものじゃないってことですね、
死んじゃうかもしれませんガーン

僕の場合、だいたい月に一回、
1~2日、水と白米のご飯を少し食べます。

そして、
排尿、排便で体の中の状態を確認する、
というものです。

むかし喫煙していた頃、
とても汚れていたんですね。

「これは、やばいな」

なんて感じたことがあって、
自分の体に入れるものについて、
かなり選択をするようになりました。

おかげで、今はもうほぼ草食系です。

今年も年が明けて、1週間。
1月7日は七草を食べるって慣習が、
日本にはあるようです。

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、
ほとけのざ、すずな、すずしろ

詳しくは調べてください(笑)。

これをおかゆにして食べる。
七草がゆって、呼ばれますね。

僕の場合は、
わりと年中、青物野菜で過ごしてますので、
この日に特別にってことはありませんが、

肉食が日常化してる人には、
とても新鮮な食事だと思います。

できることなら、
何日か菜食に切りかえて、
その違いを実感してみてはどうでしょうか?

みのもんたが言ってるから、
これがいいんだろう、

じゃなくって、

自分の体が喜んでくれている、

その確かな手応えをもとに、
食材を選択するほうが、
断然、健康にはいいと思いますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう