こんにちは~、ソウダです。

あなたが一日を生活してるとき
何を中心に一日が回っているでしょうか?

今まで私が聞いてきた中で、
ほぼ間違いなく聞かされてきたことのひとつに、

目覚めた時に考えていることが
その日一日の中心を占めている思考だ、
ということでした。

たとえば、嫌な気持ちで目が覚めた人がいるとします。

なぜ、そういう嫌な気持ちで目ざめてしまうのかというと、
一日の仕事に対して気乗りがしないとか、
職場で誰かと会うのが憂鬱であるとか、
学校に行くのが嫌でしかたがないとか・・・

理由はいろいろあるでしょうが、自分の一日は、
目が覚めた最初の思考が大きく関わっていることは、
あなたのこれまでの人生の歩みを振り返った時に、
ほぼ一致していませんか?

逆に、間近に楽しみなことが待っているとします。

たとえば、3日後には旅行に出かけられる、
という期待感があるとしたら、
目覚めるたびにそれに近づいてくる実感があるので、
嫌なことよりそちらの楽しみのほうが意識を占めてきます。

するとなぜか、その一日も充実感があったり、
ふだん苦労しているようなことさえ、超越的にこなせたりします。

いかがでしょうか。
あなたの目覚めに対して、見直しは必要ないでしょうか?
あるいは、もうひと工夫あってもいい気はしませんか?

一日24時間のなかで、最も重要な時間を上げるとしたら、
目が覚める時間は、間違いなくその一つと言えるでしょう。

核睡眠の技法は、その瞬間に焦点を当てて、
一日を組み立てるという生活方法です。

その時にどういう気持ち、意識や感情でいたいのか明確にさせ、
そうなるために睡眠時間も把握し、どういう日常生活を送るか。
それを自分で逆算して組み立てるわけですね。

無意識な生活から、自ら意識して送る生活に変える。
ちょっとした工夫ですが、生きてる実感がまったく違ってきます。

ではでは 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう