昨日、晩ごはんを食べている時のこと。

好物のポテトサラダを見て、
思わず嬉しくなり、

「ありがたいなあ」

と、思わずつぶやいていました。

そう言えば・・

こういう思わず感謝の出ること、
それがたまらなく
嬉しくなることがあります。

むかし、
感謝することを
とても義務的にとらえ、

正直言って、感謝することに
疲れさえ感じたりしていました。

コレって、違いますよね。

でも、
いつしか感謝することが
無意識な思考のレールに乗り、

ふとした時にさえ、
ありがたい感情が
こみ上げてくるようになると、

なにやらふだんから
ワクワクすることが多くなります。

ここのところ、
「ワクワクすることをやろう」という
スローガンみたいな言葉によく出会いますが、

これも、どちらかというと、
義務的な感謝に似ていて、

やらなければならない

と思ってると、
ワクワクするどころか、
重くのしかかってきますね。

このポイントがむかし
まったくつかめてなくて、

ホントーにワケが分からん、
そんな繰り返しだったように思います。

小さな頃、親に
「今度の日曜は映画を見に行くぞ」
なんて言われた時には、

それはもう、はしゃいでました。
素直にワクワクしていました。
1週間、ルンルン気分でしたね、なぜか。

それは、親が嘘を言ってるのではなく、
間違いなく連れて行ってくれる、
という確信が、あったからです。

そのワクワク期間の間は
ただ嬉しく楽しかった。

感謝のすごいところは、
「もういただいている実感」
につながることです。

幼かった子どもの頃のように、
嬉しくてしかたなくなります。

たとえまだ、望みがかなってなくても。

ですから、

日常的に感謝が感じられるようになると、
いろいろなことが
自然と叶うようになります。

たしか聖書の言葉でしたっけ。

「神はあなたが望む前から、
あなたの望みを叶えている」

みたいな一節がありますね。
コレ真実です、ほんとに。

感謝とワクワク感、
とてもつながりの深い関係ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう