あなたが、

いま知りたいこと

それは何でしょうか?

それが、いまの自分がどういう自分かを
わりと端的に表しています。

ときおり僕は、
いまいったい何を知りたくて、
何に敏感に反応しているんだろう?

ということを気にします。

たとえば、若い男性なら、
女性を見るとつい目で追ってしまう。

またどういう女性を目で追っているのか。

すると、いまの自分は、
好みの女性を求めている男性、

という一つの自己像が形作られています。

あるいは、生活に不安がある人なら、
お金儲けの話につい飛びついてしまう。

できるだけ楽にお金を手に入れたい、
と考える自分がいるわけです。

いろいろな形の知りたいこと、
興味が湧くこと、
思わず惹かれること、

があると思うワケです。

では、
どうして何かを知りたがる
自分がいるのでしょうか。

実は知ること、理解すること、
そして体験することによって、

一つのプロセスが完了し、
次の体験へと進もうとします。

過去に強い興味を持っていたことが、
やがて感心すらなくなる、
という経験が誰にもあると思います。

これは、
体験したいことを完了させると、

そのプロセスが終了した、
ということを意味しています。

僕たちの人生には、
いくつかの体験したいこと
根底に隠されています。

欲求とか欲望の源は、
この体験を求める意識です。

若い時代に夢見たことが、
一度は挫折しても、

年齢と経験を重ねるうちに、
手に届く位置にあることがありますね。

これも実は、
進行中のプロセスの中にあった、
と言えるかもしれません。

プロセスの完了が一瞬で終わることもあれば、
一生涯をかけても終わらない、
そういうこともあり得ます。

不思議と、
「どうしてこんなことを知りたがるんだろう?」
というようなことは、なかったでしょうか?

それは、表面的な意識にはない、
水面下のプロセスの一環である場合が、
とても多いですね。

運命を題材にするとしたら、
人間の意識の上での幸運、不運とは関係なく、

体験を求めている意識が、
本当の意味での運命の創造者です。

あなたは、
何を体験したがっているのでしょうか。

できるだけ多くの愛の体験、
親子、友人、男女、そしてより多くの人々。

この体験のプロセスに乗ると、
喜びが増し、苦悩はしだいに消えてゆきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう