コーチング

という言葉を最近では
ずいぶん見たり聞いたり
するようになりました。

コーチ

と聞くと、

「エースをねらえ!」の宗方コーチ

が思い浮かぶのは僕だけでしょうか。
僕らの年代にはお馴染みです。

それはさておき、

いわゆるコーチを
生業になされている方が、
多くなりました。

僕は、こういう存在は
これから本当に

大事な仕事になるだろうな、
と思っています。

肩書きにこだわるんじゃなくて、
人を励ましたり、
勇気づけたりと、

さまざまなアドバイスが、
適切にできる人はとても重要です。

と言うのも、

いま時代が大きな変革期にさしかかっていて、
いままでの常識的な思考では、

その変化にうまく対応できない人、
付いていけなくなる人が、

たくさん出てくる可能性があるからです。

どういう感じかと言うと、

今まで日本でしか過ごしたことがない人が、
いきなり外国に行けば、
さまようことになりますね。

ガイドがいなければ。

極端に言うと、
そういう変化が間近にあるんです。

と言うより、もう変化が始まっています。

たとえば、

時間がどんどん加速していて、
それについてゆけなくなってる人も
ジワジワ現れ始めています。

あるいは、
ネガティブな意識が、
現実化する速度がかなり速くなっていて、

どうしていいのか分からなくなってる人も
たくさんいるようです。

そういう人は、できるだけ身近な
コーチやカウンセラーと一緒にいるのは、
賢明な選択になることだと思います。

そうですねえ、
むかしで言えば、牧師さんとかは、
それにあたるのでしょうか。

そう言えば、

このブログの読者の方の中にも、
たくさんのコーチやカウンセラー、
ヒーラーの方がいらっしゃいますので、

ぜひそちらにも
足を運んでいただきたいと思います。

読者一覧をクリックしてもらえば、
ズラ~~っと画面に出てきます。

もし身近な方がいらっしゃれば、
コンタクトしてみてはいかがでしょうか。

読者一覧はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう