先日、えりちん流のえりちんさん が、

【忙しいふりをする】

そして、

【真剣にやる】

ということを書いてました。

これが何で大事かというと、
特に、真剣に、ということですが、

真剣にやらないと、

ある部分が見えてこないからです。

この「ある部分」こそが、

自分が気づいていない、
現実化の障害になっているわけです。

何か実現させたいことがあって、
それが実現したふりをしているとしても、

真剣でなかったら、途中から

「私、なにやってるんだろ?ああ、バカバカしい」

みたいな気持ちにすぐなるんですね。

でも、

真剣にやっていると、

今の生活の中で、
とても違和感が現れてきます。

たとえば、

もしその望みが実現しているなら、

ここはこうなっている、
あそこはこうなっている、
私の衣装はこうだろう、
この部屋の配置はおかしい、
この飾り付けはありえないよ、
こんなに汚れてはないかな、
こういう話し方になってるはずね、
・・・

というふうに、

次々と現実化した後の状態が
意識的に明確になってきます。

これ、

真剣にやらないと絶対見つけられない
盲点ですから。

でも真剣にやってれば、
違和感が続々、ぞくぞく表面化してきます。

やがて、

自分の心と環境が調和してゆき、
現実化を確信できるようになりますね、

不思議ではありますけど。

そして

ホントにその通りになっていることを
体験します。

このようなことを
こちらでも体験できるかもチョキ

思考現実化・無料メールセミナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう